シンクタンク競馬で必勝3連複

シンクタンク競馬で必勝3連複

3連複で馬券に絡む馬を選定する簡単な方法とは?


 

では、今回は、シンクタンク競馬などを使った3連複の予想です。3連複に対してどのようなイメージを持っているかはわかりませんが、3連複というのは、いろいろと応用の利く馬券なのでシンクタンク競馬などを使う場合でもかなり便利です。

 

基本は軸1頭でヒモを7頭つけて勝負すれば的中率50%は維持できるでしょう。シンクタンク競馬などでしっかりと軸馬さえ決めておけば、間違いなくそれぐらい当たります。

 

ではいつものように優駿投資会、チェックメイト、暴露王から被る馬があるか確認しましょう。3連複の軸馬なので3着以内に入ればいいだけなので、シンクタンク競馬などでの絞り込みはあまり無理をすることはないです。

 

 

2社ぐらい被れば、十分軸馬として使えますし、もし1社も被らなかった場合は、今回は別の方法でシンクタンク競馬などを絞ってみましょう。それはオッズでの絞り込みです。

 

馬連のオッズを見て、そのシンクタンク競馬などで自分の狙っている馬を確認してみてください。1,2番人気の組合せにそのシンクタンク競馬などの馬は使われているでしょうか?使われているなら、その馬は上位にきやすい馬=軸馬にしても良い馬と判断できます。

 

 

これが3,4番人気の組合せにしか入っていなければ、いまいちシンクタンク競馬で選んだ馬は信用ができないということになります。めでたくシンクタンク競馬などで軸馬が決まれば、あとは穴馬に7点流せばもう予想は終了です、1分もかかりません。

 

 

このときシンクタンク競馬などで選んだ馬のヒモに選択するのは7番人気以降の馬がいいでしょう。かなりの配当が見込めるのと、競馬ではシンクタンク競馬などで選んだ人気ー穴馬での決着がよくあるので、的中率もいいです。